東京ウェブデザへろへろ日記

ホームページ制作、ホームページデザイン
ビジネス専用
バー
ライン

東京ウェブデザへろへろ日記

AIは「心」を持てるのか
|2017年4月10日 18:22| コメント(0)
AIは「心」を持てるのか

AIは「心」を持てるのか
日経BP社
ジョージ・ザルカダキス
長尾高弘訳

最近、AIがよく話題になり、AI特異点とよばれるAIの爆発的な広がりが懸念されている。今後、遠くない未来において、人間の知的な仕事の多くがコンピュータに奪われるかもしれないということも心配されている。そうした問題について考えるための基礎的なテーマは、コンピュータが人間と同じように心を持てるのか、あるいは人間のように意識を持てるのか、という問題である。本書はその問題を掘り下げている。

AIと心の問題は、人間観の問題につながり、それはプラトン、アリストテレスの議論にさかのぼる。質量と形相はどちらが重要なのか、前者を重視するのがプラトン主義で、後者がアリストテレス主義である。それは近代に入って、デカルトが形を変えて光を当てたことでもある。デカルトは、心身二元論で、認識する自己を考え、それは考える人、すなわち心の優位を示している。そうした二元論は根強く、コンピュータがソフトとハードに分けられて設計されていることにつながっている。すなわち、ソフトは脳=心であり、ハードは身体であるという見方である。それは、強固なものである。

しかし、著者がいうには、現在のコンピュータは心をもつにはほど遠い。たんに計算できるだけであり、チェスチャンピオンに勝ったマシンでも、大量の演算を高速でおこなう力づくゴリ押しのマシンであり、できるのはチェスだけだ。重要なことは、コンピュータが人間の自然言語をまったく理解しないことである。ここに、人間とコンピュータの根本的な差異がある。コンピュータが意識をもつことは、全然、無理というレベルのようだ。

可能性はある。ニューラルマシンである。1972年にノーベル生理学。・医学賞をとったエデルマンが発見した抗体の仕組を利用したものだ。しかし、それが人間のようになるためには、自己を再生産しなければならない。それは当分は不可能だろう。

重要なことは、人間の脳とコンピュータは違うということだ。もっとも根本的なこのことがあまり理解されていない。

汎用言語は、状況のごった煮的な産物だ。精度に無頓着で、比喩を使って情報を伝えようとするので、意味が重なり合ってどうとでも解釈できる。たとえば、飛行機は本当に「飛ぶ」のだろうか。コンピュータは本当に「考える」のだろうか。・・・残念ながら、今では私たちはこの種の問いに適切に答える意識があまりない。(P431)
情報を処理し、自分で決めた行動をするようにコンピュータをプログラミングすることはできるが、意味を理解できるようにプログラミングすることはできない。ウィトゲンシュタインによれば、このような理解の欠如は修復不可能である。コンピュータは、いつも、永遠に、私たちが使っている言葉(つまり、私たちが自然言語を使ってコミュニケートしているときに使っている言葉)の意味を理解できない。そしてそれはコンピュータが形式言語を使ってプログラミングされているからだ。・・・残念ながら、このコンピュータと人間の大きな違いは、AIについての今日の議論では脚注扱いになってしまっている。(P435)

以上のように、人間とコンピュータはまったく違うというのが結論である。それならば、プラトンやアリストテレスに紙面をさくよりも、もっと、人間とコンピュータの違いに焦点を当てて、そのあたりを詳細に追求してほしかった。おそらく、人間独自の思考方法は言語と重なっているだろう。チョムスキーの生成文法の理論が進展したら、明らかになるかもしれない。私が知りたいのはそこだ。


マスダユタカの "プレ・ロードサイダーアート展"
|2017年3月20日 10:43| コメント(0)
2017年2月4日(土)―3月26日(日)
文化会館たづくり9階 リトルギャラリー

マスダユタカのプレ・ロードサイダーアート展

リトルギャラリーというのは調布市のたづくり9階の廊下沿いにある小さなガラスケースの展示スペースだ。そこで、マスダユタカ氏の展示会があった。

興味を引かれたのは、富士見街という小さな商店街の作品がポスターに使われていたからだ。私はつつじヶ丘在住で、富士見街になじみがある。京王線つつじヶ丘駅の少し西にある狭くて短い通りで、飲み屋、スナックが肩を寄せ合うように連なる通りだ。ひなびた風情のある昭和演歌的な場所で、人知れず注目しているのだが、それが作品になっていたので驚いた。

作品はひとことでいえば、いわゆる飛び出す絵本だ。さまざまなタイプがあるが、富士見街のものは通りの奥のほうに、どんどん立体感が重なっていくようなつくりで、これが興味深い。妙なたとえだが、お寺の秘仏が厨子の中に安置されていて、扉を開けるとまた扉があり、さらにまた扉があり、奥の奥の奥にある真理がおごそか開陳されるような雰囲気だ。仏壇のようにも見える。狭い通りに入っていくサラリーマンは、真理という蜜に引き寄せられる蛾のようだ。不思議な立体感の向こうに、宗教的な神秘性があるように感じた。

野田市

巣鴨
ヤフーショッピング「ライト出店」の制作体験。
|2017年1月22日 21:48| コメント(0)
仕事でヤフーショッピングの制作をした。

過去には何度も依頼により制作したことはあるのだが、今回はクライアントが「ライト出店」で契約しており、それをやるのははじめてだった。

ヤフーショッピングではプロフェッショナル出店とライト出店が選べる。後者はものすごく、サイトのつくりがシンプルで、カスタマイズする余地がきわめて小さい。いろいろやりたい人は前者で契約するほうがいいと思う。

やってみてわかったのだが、ライト出店でも、店はちゃんとしたものができる。もっとも基本的なパターンとしては、看板の画像を950×360pxで用意して、それをアップロードする。そして、商品のトップページでの並びは、1行4商品のパターンを選び、それでどんどん商品登録していけばいい。注意するのは、商品写真はそこそこ大きいものを用意すること。ヤフーショッピングは600×600pxの正方形を推奨している。それぐらいの写真があったほうがきれいに見えるサイトの設計がなされている。商品ページでは、商品写真の見せ方は決まっていて、サイト制作者がいじくる余地はまったくない。

それでも、簡単にサイトができるから、これはそういう意味ではいいシステムだ。

ヤフーショッピング

ヤフーショッピング

ヤフーショッピング"

過去に楽天とヤフーショッピングの両方に出店するのを制作代行する機会もあったが、楽天のほうが圧倒的に売れる。経験的には2倍から3倍、楽天のほうが売上は大きい。しかし、楽天はかなり経費がかかる。いろいろなんだかんだと理由をつけて店から金を巻き上げるシステムだ。だから、売上はあっても店には残らない。

他方、ヤフーショッピングは基本的に無料だ。Tポイントと決済にお金がかかるが、あまり悪どいとは思わない。また、これからはヤフーショッピングのほうが伸びていくのではないかと思われる。なぜなら1ユーザーとして見たら、ヤフーショッピングの品揃えが充実すれば、楽天で買う必要はまったくない。楽天のサイトは異常に重いページが多く、ネットサーフィンしていて不愉快になる。妙なわかりにくいキャンペーンが多いが、何かよくわからない。しかも、同じ商品ならヤフーショッピングのほうが、安く売れる余地があるので、価格的にもメリットがあるかもしれない。などなど、ヤフーショッピングが伸びていけば、今後、両者はトントンに向かって収束することが予想される。だから、ヤフーショッピングのほうが有望だ。

そういうわけで、どんどんヤフーショッピングに出店すればいいのではないか。
児玉幸子ー磁性流体彫刻とメディアアートのデザイン展
|2016年8月28日 15:00| コメント(0)
電通大准教授、児玉幸子さんの作品を紹介す展覧会。

展示のメインとなるのは、磁力によって形状を変化させる磁性流体を用いたアートプロジェクトである。これは文化庁メディア芸術祭インタラクティブ部門大賞を受賞したというだけあって、素晴らしい。独自に編み出した「磁性流体彫刻」という技法による立体作品と映像は、これまでに20か国以上の国の美術館やギャラリー、公共空間、個人宅などで展示され、美術・デザインの領域にとどまらず、幅広い分野に影響を与えているという。

作品はガラスの球体の中に水があり、その水の中に重油のようなものが浮いているような感じ。その黒い重油のような物体が、生成流転するかのように、形を変える。その動きは、同じ動きの繰り返しなのだが、不思議な感慨をもたらす。

私は、フランスの哲学者・ベルクソンの哲学をイメージした。

生成流転する物体は、安定的な形なのか? 多少の時間、同じ形でとどまるとき、それは多少、安定なのかもしれない。他方、流転していくときは、非安定であろう。しかし、それにしても、重油が角のように細くつきだして、その角がたくさんあって、伸びていく。その動きもまた、多少は安定的なもののように思える。流転していくどろっとした物体の形が、とても気になる。流転していく物体とはこのような形をとるものなのか。

経済学の用語でいえば、この黒い重油は均衡なのか、不均衡なのか、それが妙に気になる動きである。なんとも不思議な感慨というのは、そういうものだ。均衡するでもなく、不均衡でもなく、物体は流転していくのだ。

児玉幸子ー磁性流体彫刻とメディアアートのデザイン展

児玉幸子ー磁性流体彫刻とメディアアートのデザイン展

  • 会期 
    2016年8月6日(土)?2016年9月19日(月)  
  • 料金
    無料
  • 会場
    調布市文化会館たづくり 1階展示室
    〒182-0026 東京都調布市小島町2-33-1調布市文化会館たづくり内
カラーミーショップのレスポンシブ化、できます。
|2016年7月18日 18:34| コメント(0)
カラーミーショップもスマホ対応がすすめられており、レスポンシブ化されたテンプレートも用意されています。とくに、買物カゴは新しく開発されたものが提供されており、運営者が選べるようになっています。これらをうまく活用すれば、ショップの大きな武器になるでしょう。

当方は、残念ながら、カラーミーショップが用意しているレスポンシブテンプレートを使用したことがないので、評価はできません。管理画面からいろいろチェックしてみましたが、実際に使わないとよさはわからないと思います。

カラーミーショップ管理画面


ただ、すでに運営しているすべてのサイトが、自動でレスポンシブ化できるわけではないようです。当方は、テンプレートは関係なく、独自にカラーミーショップをレスポンシブ化できます。(買い物カゴは用意されているものを使用)。つまり、ソースを直接編集し、独自にレスポンシブ化します。

ですので、現在、独自デザインでショップをつくっているが、そのデザインを生かして、レスポンシブ化のみ加えたいという方、そうした方にとって、当方にてレスポンシブ化することがお役に立てると思います。もちろん、ネット通販として考えたとき、スマホの顧客を無視することはできず、レスポンシブ化により、売上が伸びることが期待できます。

早めにスマホ対応を決断してください。

5万円(税別)

追伸=レスポンシブ化すると、売上が上がることが期待できます。当社のクライアントも、売上があがっています。


ウェブデザイナー
最近のエントリー
アーカイブ
Copyright (c) 1999-2010 Wasshoi,Ltd., Tokyo Japan, All Rights Reserved.