東京ウェブデザへろへろ日記

ホームページ制作、ホームページデザイン
ビジネス専用
バー
ライン

東京ウェブデザへろへろ日記

フェイスブックの個人情報5000万人分が不正に利用された件。
|2018年3月28日 02:05| | |
ケンブリッジ・アナリティカのワイリー氏が、フェイスブックの個人情報漏洩を告発して、大きな話題になっている。ケンブリッジ・アナリティカが請け負った挙誘導の情報工作にフェイスブックの個人情報5000万人分が不正利用されたのだ。これはきわめて重大な問題であり、ネット社会のゆくえにも影響を与えるゆゆしき出来事だ思われるが、日本ではあまり報道されていない。

facebook_cambridge_analytica01.jpg

フェイスブックでは2014年、ケンブリッジ大学の研究者アレクサンダー・コーガン博士が開発した性格診断クイズ「This is Your Digital Life(これがあなたのデジタル生活)」がユーザーに提供された。

クイズに回答したユーザー27万人のデータが収集され、それだけでなく回答ユーザーとフェイスブック上で友達になっている人の公開データも集められた。

フェイスブックはその後、開発者がこの方法で大量のデータを集めることをできなくする変更を施したが、告発者のワイリー氏は、データ収集に際してのユーザーの同意取得を定めたルールの厳格化以前に、ケンブリッジ・アナリティカ社が約5000万人分のデータを収集したとしている。

ワイリー氏は、データはケンブリッジ・アナリティカ社(ケンブリッジ大学との関係はない)に売却され、ユーザーの心理学的な輪郭を描き出すとともに、彼らに親トランプ氏的な素材を送り届けるのに利用されたと主張している。

ケンブリッジ・アナリティカ社のアレクサンダー・ニックスCEO(20日に停職)は、同社が2016年の米大統領選でドナルド・トランプ氏陣営のデジタル向けキャンペーンを運用したと語っている様子を英チャンネル4の調査報道チームによって秘密裏に撮影された。

「全ての調査、全てのデータ取得、全ての分析、全てのターゲティングを私たちが行いました。私たちが全てのデジタル向けキャンペーン、全てのテレビ向けキャンペーンを運用し、私たちのデータが全ての戦略の基盤となりました」とニックス氏は付け加えた。

この問題に対して、フェイスブックCEOのマーク・ザッカーバーグ氏は会見し、謝罪したが、それはとうてい謝罪とは思えない内容だった。

facebook_cambridge_analytica02.jpg

私は、この問題はフェイスブックのビジネスモデルのなかに必然的に潜んでいる問題であると感じる。なぜなら、フェイスブックは個人情報を集め、それをつなぎ合わせることで収益を得ているからだ。フェイスブックは広告のために個人情報を利用すると明言しており、それをやめる気はまったくない。私は、フェイスブックは元々、個人情報を操作することで収益を得る気持ち悪い会社であると思う。いまのところ日本人の個人情報の不正利用の報道はないが、いつ不正が起きて、個人情報が政治的に利用されてもおかしくないと思う。おそらく次の選挙では自民党だけでなく、野党もケンブリッジ・アナリティカのようなITコンサルを使うだろう。

アメリカではフェイスブック退会の動きが出ている。日本人も、もし個人情報を守りたいのなら、フェイスブックとは手を切るべきだ。くり返すが、フェイスブックは個人情報を利用して儲ける会社だ。そういうビジネスモデルである。

追伸 2018/4/5 
AFP=時事によると、フェイスブック利用者情報流出は、8700万人規模となり、当初推定5000万人から大幅増となった。

追伸 2018/4/5
日経新聞夕刊によると、米フェイスブックは4日、世界で20億人ほどいるユーザーの大半について、個人情報が悪用されるリスクがあったと公表した。
調布市で電子パーツが買える店。
|2018年2月24日 11:27| コメント(0)
dentsu_daigaku.jpg

調布市で電子パーツが買える店を探していたら、マルツ西東京営業所がヒットした。いままでは、府中本町まで行かなければ、そういう店はなかったので、便利なところに店ができた。とりあえず行って、電解コンデンサを買った。

場所は、電気通信大学の西端のあたりの南側(甲州街道を渡ったとこと)UECアライアンスセンターのなかにある。UECアライアンスセンターは、去年できた新しい建物だ。大学の研究室のようなつくりになっている。

その2階にマルツ西東京営業所があり、そこで買える。いちおう電子パーツがひととおり揃っている。会計は不思議なことに、カゴと書類をもって1階のセブンイレブンに行って、そこ支払いするようになっている。

marutsu.jpg

〒182-0026 
東京都調布市小島町1丁目1番1号
電気通信大学内UECアライアンスセンター
222号室:R&Dルーム 218号室:パーツポート
TEL:042-444-6072
スーパーえびすリアリズムin調布 -蛭子さんの展覧会-
|2017年11月 4日 19:05| コメント(0)
■会期:10/20(金)--11/6(月) 10:00?20:30

※金曜日は21:00まで ※最終日は18:00閉場

■会場:調布パルコ 5階・催事場

■入場料:入場無料!

ebisu_super_realism01.jpg

ebisu_super_realism02.jpg

看板に書いてありますが、写真撮影OKです。

ebisu_super_realism03.jpg

調布パルコに行ったら、蛭子能収さんの展覧会をやっていた。

けっこう盛況。

ガロのころから、マンガを拝見していた身としては、興味深く拝見しました。

初期の作品が3点展示されていたが、横尾忠則にあこがれていたということで、その模倣という感じの作品だった。たしかに、現在も、いわれてみれば、横尾の影響はあると思う。どぎつい色使いなんかもそうだ。シュールな感じについては、寺山修司を思わせるものがある。そういう1960年代の感覚が、蛭子流のうまへたでまとめられている。

漫画家デビューの作品、「パチンコ」も展示されていた。

ebisu_super_realism04.jpg

イラストの原画をみると、うまへたといっても、かなりうまい。小さな原画にそのていねいな仕事がわかる。

ebisu_super_realism05.jpg

同じフロアのパルコブックセンターにも、グッズが売っていた。「淋しい生活トートバッグ」が気になった。ゴキブリのような昆虫とちゃぶ台に座って酒を飲んでいるのがシュールだ。

ebisu_super_realism07.jpg


蛭子さんは、今回、調布パルコのイラストも描いていて、それが広告物に使われている。
広告と展覧会と書店の店頭展開などをセットにしたいい企画だ。

ebisu_super_realism06.jpg

このイラストでは、客層はどういうわけか、おじさん、おばさんだ。若者ではない。
もしかしたら、中高年をターゲットとして狙っているのかも。
AIは「心」を持てるのか
|2017年4月10日 18:22| コメント(0)
AIは「心」を持てるのか

AIは「心」を持てるのか
日経BP社
ジョージ・ザルカダキス
長尾高弘訳

最近、AIがよく話題になり、AI特異点とよばれるAIの爆発的な広がりが懸念されている。今後、遠くない未来において、人間の知的な仕事の多くがコンピュータに奪われるかもしれないということも心配されている。そうした問題について考えるための基礎的なテーマは、コンピュータが人間と同じように心を持てるのか、あるいは人間のように意識を持てるのか、という問題である。本書はその問題を掘り下げている。

AIと心の問題は、人間観の問題につながり、それはプラトン、アリストテレスの議論にさかのぼる。質量と形相はどちらが重要なのか、前者を重視するのがプラトン主義で、後者がアリストテレス主義である。それは近代に入って、デカルトが形を変えて光を当てたことでもある。デカルトは、心身二元論で、認識する自己を考え、それは考える人、すなわち心の優位を示している。そうした二元論は根強く、コンピュータがソフトとハードに分けられて設計されていることにつながっている。すなわち、ソフトは脳=心であり、ハードは身体であるという見方である。それは、強固なものである。

しかし、著者がいうには、現在のコンピュータは心をもつにはほど遠い。たんに計算できるだけであり、チェスチャンピオンに勝ったマシンでも、大量の演算を高速でおこなう力づくゴリ押しのマシンであり、できるのはチェスだけだ。重要なことは、コンピュータが人間の自然言語をまったく理解しないことである。ここに、人間とコンピュータの根本的な差異がある。コンピュータが意識をもつことは、全然、無理というレベルのようだ。

可能性はある。ニューラルマシンである。1972年にノーベル生理学。・医学賞をとったエデルマンが発見した抗体の仕組を利用したものだ。しかし、それが人間のようになるためには、自己を再生産しなければならない。それは当分は不可能だろう。

重要なことは、人間の脳とコンピュータは違うということだ。もっとも根本的なこのことがあまり理解されていない。

汎用言語は、状況のごった煮的な産物だ。精度に無頓着で、比喩を使って情報を伝えようとするので、意味が重なり合ってどうとでも解釈できる。たとえば、飛行機は本当に「飛ぶ」のだろうか。コンピュータは本当に「考える」のだろうか。・・・残念ながら、今では私たちはこの種の問いに適切に答える意識があまりない。(P431)
情報を処理し、自分で決めた行動をするようにコンピュータをプログラミングすることはできるが、意味を理解できるようにプログラミングすることはできない。ウィトゲンシュタインによれば、このような理解の欠如は修復不可能である。コンピュータは、いつも、永遠に、私たちが使っている言葉(つまり、私たちが自然言語を使ってコミュニケートしているときに使っている言葉)の意味を理解できない。そしてそれはコンピュータが形式言語を使ってプログラミングされているからだ。・・・残念ながら、このコンピュータと人間の大きな違いは、AIについての今日の議論では脚注扱いになってしまっている。(P435)

以上のように、人間とコンピュータはまったく違うというのが結論である。それならば、プラトンやアリストテレスに紙面をさくよりも、もっと、人間とコンピュータの違いに焦点を当てて、そのあたりを詳細に追求してほしかった。おそらく、人間独自の思考方法は言語と重なっているだろう。チョムスキーの生成文法の理論が進展したら、明らかになるかもしれない。私が知りたいのはそこだ。


マスダユタカの "プレ・ロードサイダーアート展"
|2017年3月20日 10:43| コメント(0)
2017年2月4日(土)―3月26日(日)
文化会館たづくり9階 リトルギャラリー

マスダユタカのプレ・ロードサイダーアート展

リトルギャラリーというのは調布市のたづくり9階の廊下沿いにある小さなガラスケースの展示スペースだ。そこで、マスダユタカ氏の展示会があった。

興味を引かれたのは、富士見街という小さな商店街の作品がポスターに使われていたからだ。私はつつじヶ丘在住で、富士見街になじみがある。京王線つつじヶ丘駅の少し西にある狭くて短い通りで、飲み屋、スナックが肩を寄せ合うように連なる通りだ。ひなびた風情のある昭和演歌的な場所で、人知れず注目しているのだが、それが作品になっていたので驚いた。

作品はひとことでいえば、いわゆる飛び出す絵本だ。さまざまなタイプがあるが、富士見街のものは通りの奥のほうに、どんどん立体感が重なっていくようなつくりで、これが興味深い。妙なたとえだが、お寺の秘仏が厨子の中に安置されていて、扉を開けるとまた扉があり、さらにまた扉があり、奥の奥の奥にある真理がおごそか開陳されるような雰囲気だ。仏壇のようにも見える。狭い通りに入っていくサラリーマンは、真理という蜜に引き寄せられる蛾のようだ。不思議な立体感の向こうに、宗教的な神秘性があるように感じた。

野田市

巣鴨
ウェブデザイナー
最近のエントリー
アーカイブ
Copyright (c) 1999-2010 Wasshoi,Ltd., Tokyo Japan, All Rights Reserved.