東京ウェブデザへろへろ日記

ホームページ制作、ホームページデザイン
ビジネス専用
バー
ライン

東京ウェブデザへろへろ日記

スーパーえびすリアリズムin調布 -蛭子さんの展覧会-
|2017年11月 4日 19:05| コメント(0)
■会期:10/20(金)--11/6(月) 10:00?20:30

※金曜日は21:00まで ※最終日は18:00閉場

■会場:調布パルコ 5階・催事場

■入場料:入場無料!

ebisu_super_realism01.jpg

ebisu_super_realism02.jpg

看板に書いてありますが、写真撮影OKです。

ebisu_super_realism03.jpg

調布パルコに行ったら、蛭子能収さんの展覧会をやっていた。

けっこう盛況。

ガロのころから、マンガを拝見していた身としては、興味深く拝見しました。

初期の作品が3点展示されていたが、横尾忠則にあこがれていたということで、その模倣という感じの作品だった。たしかに、現在も、いわれてみれば、横尾の影響はあると思う。どぎつい色使いなんかもそうだ。シュールな感じについては、寺山修司を思わせるものがある。そういう1960年代の感覚が、蛭子流のうまへたでまとめられている。

漫画家デビューの作品、「パチンコ」も展示されていた。

ebisu_super_realism04.jpg

イラストの原画をみると、うまへたといっても、かなりうまい。小さな原画にそのていねいな仕事がわかる。

ebisu_super_realism05.jpg

同じフロアのパルコブックセンターにも、グッズが売っていた。「淋しい生活トートバッグ」が気になった。ゴキブリのような昆虫とちゃぶ台に座って酒を飲んでいるのがシュールだ。

ebisu_super_realism07.jpg


蛭子さんは、今回、調布パルコのイラストも描いていて、それが広告物に使われている。
広告と展覧会と書店の店頭展開などをセットにしたいい企画だ。

ebisu_super_realism06.jpg

このイラストでは、客層はどういうわけか、おじさん、おばさんだ。若者ではない。
もしかしたら、中高年をターゲットとして狙っているのかも。

前の記事 ← AIは「心」を持てるのか

コメントする
名前

電子メール

URL

ログイン情報を記憶


ウェブデザイナー
最近のエントリー
アーカイブ
Copyright (c) 1999-2010 Wasshoi,Ltd., Tokyo Japan, All Rights Reserved.