東京ウェブデザへろへろ日記

ホームページ制作、ホームページデザイン
ビジネス専用
バー
ライン

東京ウェブデザへろへろ日記

造形作家 玉田多紀の世界 ダンボールからうまれたいきもの展
|2016年6月25日 23:19| コメント(0)

調布市文化会館たづくり1階展示室 6月4日?7月24日 10:00?18:00

ダンボールでつくられている大きなオブジェ。大きさがけっこう大きく、恐竜のようなものはかなりのボリュームがある。特徴的なのはその質感だ。粘土とか、他の物質でできたオブジェとは明らかに異なるダンボールならではの質感がある。その質感に魅せられて、作者はオブジェをつくっているのだろう。表面にはツルツルしたダンボールの破片やザラザラした破片がこまかく貼られている。その貼り方はていねいなようで、乱雑なようで、微妙な貼り方だ。それが、独特の物質感をかもしだす。

物質感が主張する存在感。それが、強く感じられる作品群だ。現在のIT時代には逆行するような物質こだわりオブジェは、パソコンやスマホばかり見ている私たちにぐいぐい迫ってきて新鮮だった。

玉田多紀の世界

玉田多紀の世界

玉田多紀の世界

次の記事 → カラーミーショップのレスポンシブ化、できます。
前の記事 ← スマホ時代のサイト設計はどうなるのか。

コメントする
名前

電子メール

URL

ログイン情報を記憶


ウェブデザイナー
最近のエントリー
アーカイブ
Copyright (c) 1999-2010 Wasshoi,Ltd., Tokyo Japan, All Rights Reserved.