東京ウェブデザへろへろ日記

ホームページ制作、ホームページデザイン
ビジネス専用
バー
ライン

東京ウェブデザへろへろ日記

「おけぴネット」の凄すぎる現実。
|2010年12月25日 21:14| コメント(0)
昨日のテレビ東京の『WBS』で紹介されていた「おけぴネット」というサイトが凄い。

演劇などのチケットを個人間売買するオークションサイトだ。ヤフオクでもチケットを売買しているが、それと異なるのは、定価以上の値段をつけられないことだという。その結果、いわゆるダフ屋などが集まりにくくなっているようだ。

いいかえると、儲け主義ではなく、観劇が好きな人がチケットをムダにしたくないという純粋な思いで集まるサイトになっているようだ。かなり、趣味度というか、マニア度というか、愛好家の度合いが高いように思える。

そのマニア度の高さが、凄い結果を生んでいるのだろう。

おけぴネット

→おけぴネット

このサービスの主催者がインタビューされて映っていた。画面でみる限り、2人で事務所を運営しているように見えた。で、おどろくべきことに、このサイトはチケットの売買などは無料のサービスとしておこなっているが、広告収入が年間1億円あるという。信じられん。

凄すぎる。

こういうところにビジネスチャンスがあるんですね。

ああ、ほんと、おどろいた。
Amazonのウェブサービスを使ったサイトでエラーが出る悩み。
|2010年12月24日 11:46| コメント(0)
当方が運営している「素敵市場」というサイトが、最近、なぜかエラー表示されていた。気がついたのは12月1日ごろで、もしかしたら、それ以前からエラーだったのかもしれない。エラーの表示内容は次のようなもの。

Fatal error: Cannot use object of type PEAR_Error as array in /・・・・・/common.php on line 509

このサイトは、AmazonのウェブサービスであるAPIを使って、アマゾンの商品を紹介するサイトである。売れるとアフィリエイト収入が入るというものだ。

素敵市場

したがって、エラーはAPIの問題、または、当方のスクリプトの問題である。

で、原因を追求したのだが、なかなか、治らない。1週間ほど触っていたが、改善できず、考えてみた。エラーの症状を詳しくみると、エラーがつねに出るわけではなく、ときどきは正常表示される。だから、それで治ったのかと思うと、そうではない。かなり、この「ときどきエラー」症状に幻惑された。

「ときどきエラー」症状がなぜ出るのか、考えたがよくわからない。さらに観察すると、どうも毎時0分から30分ぐらいまでは正常に表示され、その後の30分間がエラーになることが判明した。

そういう症状の解決策が書いていないか、検索すると、次のサイトがあった。

Amazon PAAPIのリクエスト回数制限(1時間2000回)にひっかかる

なるほど、アマゾンが新たにリクエスト回数制限をおこなうように仕様えを変更し、その制限に引っかかっているのか。納得である。で、このサイトに書いてあるように、改善策をおこなったが、どうもうまくいかない。30分でアウトだったのが、40分に伸びたという程度の改善である。

クローラーが他にもアクセスしているのだろうか?

あるいは、キャッシュの仕方が悪いのだろうか?

いずれにしても、この問題は思いのほか、むずかしい問題だ。いい対策方法をご存じの方は教えてください。

※追伸 2011/1/12
修正しました。
キャッシュに問題があった模様。以前、Amazonが導入した署名認証に対応してプログラムを修正したとき、URLが極端に長くなり、そのURLでキャシュすることで不具合があったと判断しました。よって、その部分を署名認証前のものに変更。
本日の先っちょ。
|2010年12月16日 00:20| コメント(0)
京王線笹塚駅にて。

笹塚ボウルの広告看板。

ピンときたら笹塚ボウル

sasaduka01.jpg

ウェブデザイナー
最近のエントリー
アーカイブ
Copyright (c) 1999-2010 Wasshoi,Ltd., Tokyo Japan, All Rights Reserved.